コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーリアトゥルシ宮殿 ドーリアトゥルシキュウデン

デジタル大辞泉の解説

ドーリアトゥルシ‐きゅうでん【ドーリアトゥルシ宮殿】

Palazzo Doria Tursi》イタリア北西部、リグリア州の都市ジェノバにある宮殿。16世紀にグリマルディ家の邸宅として建造。現在は市庁舎になっている。ジェノバ出身のバイオリン奏者ニコロ=パガニーニ愛用のバイオリン「グァルネリ」を所蔵することで知られる。同宮殿があるガリバルディ通りは、16世紀から17世紀にかけて整備された「レ‐ストラーデヌオーベ」(新しい街路群)の一であり、当時の富裕貴族が建てた多くの宮殿が立ち並ぶ。2006年に「ジェノバのレ‐ストラーデヌオーベとパラッツィ‐デイ‐ロッリ制度」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。トゥルシ宮殿

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ドーリアトゥルシ宮殿の関連キーワードパラッツォトゥルシ宮殿十年目の対決赤の宮殿アルキジンナジオ宮殿アルテンプス宮殿エンツォ王宮殿カリニャーノ宮殿キエリカーティ宮殿クイリナーレ宮殿

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android