コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ド・バロア Ninette de Valois

世界大百科事典 第2版の解説

ド・バロア【Ninette de Valois】

1898‐2001
アイルランド生れの女流舞踊家,振付家。本名エドリス・スタナスEdris Stannus。イギリスのローヤル・バレエ団の設立者。エスピノサレガートチェケッティに学ぶ。1923‐25年ディアギレフの〈バレエ・リュッス〉に参加。1926年私的なバレエ学校をロンドンに開設するとともに,オールド・ビック座の支配人ベーリスLilian M.Baylisと知り合う。その劇場のためにバレエの振付をしたのが始まりで,これがサドラーズ・ウェルズ・バレエ団に発展し,56年ローヤル・バレエ団となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のド・バロアの言及

【バレエ・リュッス】より

…このことはバレエ・リュッスを経験していないロシアのバレエが近年まで前近代性から脱却しえなかったことが物語っている。さらにまた,沈滞していたフランス・バレエを救ったS.リファール,バレエの存在しなかったイギリスに一流のバレエ団をつくり上げたド・バロア,アメリカ・バレエを育てたバランチンがバレエ・リュッスから出発していることからも明らかであろう。【薄井 憲二】。…

【ローヤル・バレエ団】より

…この名称は,1956年10月,エリザベス2世により,サドラーズ・ウェルズ・バレエ団Sadler’s Wells Balletおよびそのバレエ学校に対して与えられた。バレエ団の歴史は,1926年ド・バロアがロンドンに自己の舞踊学校を創設し,オールド・ビック座の支配人ベーリスの協力を得て,その劇場で上演されるオペラや劇の舞踊場面に生徒たちを出演させたことに始まる。31年それまで閉鎖されていたロンドンの古い劇場サドラーズ・ウェルズ劇場がベーリスにより再開され,ド・バロアのバレエ団も間もなく本拠をここに移し,サドラーズ・ウェルズ・バレエ団とその学校に発展した。…

※「ド・バロア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ド・バロアの関連キーワードフィリップ(2世)(ブルゴーニュ公)サドラーズ・ウェルズ・バレエ団フレデリック アシュトンマルグリット・ド・バロアフィリッパ・オブ・エノーサン・バルテルミの虐殺サン=バルテルミの虐殺ローヤル・バレエ団ロイヤル・バレエ団バレエ・リュッスロシア・バレエ団フィリップ6世11月22日アンジュー家セルバンテスアンリ4世アシュトンルイ10世シャルトルベリオソワ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android