コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイルランド Ireland

翻訳|Ireland

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイルランド
Ireland

正式名称 アイルランド。アイルランド語ではエール Éire。
面積 7万273km2
人口 459万4000(2013推計)。
首都 ダブリン

アイルランド島の 80%以上を占める共和国。国土の大半が丘陵性の平原で,湖沼やフィヨルドが多い。西岸海洋性気候に属し,年中湿潤で,夏は涼しく,冬は暖かい。前4世紀頃アイルランド島に移住してきたケルト人(ゲール人)が,9世紀初頭に定住したノルマン人と混血して今日のアイルランド人の基礎をつくった。グレートブリテン島とは異なり,アングロ・サクソン人の影響は民族形成上あまり強くない。ブリティシュ諸島のなかで最も早く 5世紀に聖パトリックによってキリスト教がもたらされ,住民の 90%以上がカトリック教徒である。第1公用語のアイルランド語を話せる人は国民の 30%以下で,第2公用語の英語が広く用いられている。12世紀以降,イギリスの支配を受け,長年にわたる圧制と,独立運動と宗教抗争の歴史が続き,特にオリバー・クロムウェルの時代にイギリスの圧制はその極に達し,カトリックを主とするアイルランド農民はイギリスの不在地主のもとに「アイルランドの貧窮」と呼ばれる状況に長い間押しとどめられることとなった。このため新大陸へ移住した人々も多く,今日,アメリカ合衆国におけるアイルランド系住民は 200万人をこえる。1922年,アイルランド島 32県のうち 26県がアイルランド自由国の名のもとに自治領となり,1937年,新憲法を制定して国名をエールと改めたのち,1949年,イギリス連邦からも独立した共和国となった。一方,プロテスタントの移住者が多い北部のアルスター地方 6県は,北アイルランドとして,イギリス統治下にとどまり,その後の北アイルランドにおける暴動と衝突の遠因となった(→北アイルランド紛争)。1973年ヨーロッパ共同体 ECに加盟(→ヨーロッパ連合)。国土の 3分の2は農耕地と牧地に利用される。1977年からヨーロッパ最大級の鉛と亜鉛の鉱山がミーズ県で開発され,東海岸沖で石油,天然ガスも採掘されている。工業は農牧業に並ぶ経済基盤であり,化学,金属,機械,食品,繊維などの工業が発達,エレクトロニクス産業の発展も著しい。また年間 300万人をこえる観光客が訪れる。(→アイルランド史

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アイルランド

◎正式名称−アイルランドIreland。◎面積−7万273km2。◎人口−459万人(2011)。◎首都−ダブリンDublin(53万人,2011)。◎住民−ケルト系のアイルランド人。
→関連項目欧州債務問題聖パトリック・デーボイン渓谷の遺跡群

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アイルランド【Ireland】

正式名称=アイルランドÉire(エール=アイルランド語)∥Ireland(英語)面積=7万0285km2人口(1996)=359万人首都=ダブリンDublin(日本との時差=-9時間)主要言語=アイルランド語,英語通貨=アイルランド・ポンドIrish Poundヨーロッパ北西部,アイルランド島にある共和国。アイルランド共和国は憲法で全島を国土と規定しているが,現実にはイギリスに属する北アイルランドを除く島の約8割を統治している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアイルランドの言及

【エール】より

…1937年憲法で規定されたアイルランド国のアイルランド語による国名。憲法制定当時の首相デ・バレラが,古代アイルランドの女王の名をとって,〈アイルランド自由国〉というそれまでの名称に代わる国名とした。…

※「アイルランド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アイルランドの関連キーワードグレートブリテン及びアイルランド連合王国Saint Patrick's Dayウイリアム・トマス コズグレイブパトリック・ウエストン ジョイスアースカイン・H. チルダースチャールズ・ガヴァン ダフィーエール(アイルランド共和国)ジョン トッドハンターロジャー ケイスメントアイルランズ・コールパトリック ホノハンアイルランド文芸復興アイルランド自治法案ジェームズ コノリーアイルランド国民議会アイルランド共和軍アイルランド統治法北アイルランド問題L. コスグレーブアルスター(地方)

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アイルランドの関連情報