コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

振付 ふりつけ choreography

翻訳|choreography

4件 の用語解説(振付の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

振付
ふりつけ
choreography

舞踊用語。バレエオペラミュージカルをはじめとする舞踊芸術において,舞踊を創作あるいはアレンジすること。作品の各部分の踊り手を選定し,踊り手の動き,ステップの順序などを振付師が組立てる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

振付
ふりつけ

按舞ともいう。日本舞踊で振りは文句にありといわれるように歌詞に合致する動きをつけること。しかし,伴奏音楽が変化するにつれてこのような傾向はなくなりつつある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふり‐つけ【振(り)付(け)】

舞踊などで、音楽や歌詞に合わせてする動作を考案し、演技者に教えること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふりつけ【振付】

人間の肉体の運動の連続を規定し,それによって思想または感情を創作的に舞踊として表現すること。これを専門的に行う者を振付者または振付師という。英語ではコレオグラフィーchoreographyというが,これはもともとは舞踊の記譜法を示す言葉で,1700年にフランスフイエRaoul‐Auger Feuillet(1660ころ‐1710)とボーシャンPierre Beauchamp(1636‐1705)が自らの記譜法を〈choréographie〉と称して発表したのに由来する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の振付の言及

【作曲】より

…それ以前から伝統的に用いられていた言葉として〈節付〉〈手付〉があるが,その基本的な概念は歌詞に〈(ふし)〉を付けたり,さらに楽器奏法としての〈手〉を付けるというように様式的に拡大していくことが眼目となっている。その延長上には〈振付〉をして舞踊にまでひろげる場合も含まれている。他の類語としては〈作調〉〈調〉があげられる。…

※「振付」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

振付の関連キーワード運動の第二法則軌道要素流体の運動方程式インディヘニスモ即身菩提ランダム運動ぜん(蠕)動運動の方程式粘性流体の運動方程式接触軌道

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

振付の関連情報