コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディレクター ディレクター director

翻訳|director

3件 の用語解説(ディレクターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ディレクター(director)

映画・演劇の監督・演出家。
ラジオ・テレビの番組担当者・演出者。
楽団の指揮者。楽長。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ディレクター【director】

映画の監督。また、演劇の演出者。
放送番組の演出担当者。
楽団などの指揮者。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディレクター
でぃれくたー
director

職種によって異なるが、指導者、重役、演出家、監督、指揮者などの意。日本ではとくに、舞台芸術、映画、放送の演出家をさして使う。歴史的にはアメリカの演劇用語として、舞台製作の過程のなかで、具体的な芸術表現のすべてに責任を負う職能(演出家)にまず使われ、興行に関して全責任を負うプロデューサー(製作者)とは区別された。イギリスではプロデューサーが演出家をさすことばであったが、第二次世界大戦後は、このアメリカ流の用語、ディレクターが使われるようになった。映画界でも、ディレクター(映画監督)とプロデューサー(映画製作者)の職能は早くから分化した。
 日本の場合、このことばが日常のなかで定着し頻度高く使われているのは放送界である。第二次世界大戦後、日本の放送はアメリカの占領政策のもとに発展したため、ディレクターということばがきわめて自然に浸透し、ドラマに限らず、すべての番組で使われている。[鳥山 拡]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディレクターの関連キーワード押井守活劇実相寺昭雄岩淵達治鵜山仁小崎政房佐々木孝丸園池公功宮本亜門鈴木裕美

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ディレクターの関連情報