ディレクター(読み)でぃれくたー(英語表記)director

翻訳|director

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディレクター
でぃれくたー
director

職種によって異なるが、指導者、重役、演出家、監督、指揮者などの意。日本ではとくに、舞台芸術、映画、放送の演出家をさして使う。歴史的にはアメリカの演劇用語として、舞台製作の過程のなかで、具体的な芸術表現のすべてに責任を負う職能(演出家)にまず使われ、興行に関して全責任を負うプロデューサー(製作者)とは区別された。イギリスではプロデューサーが演出家をさすことばであったが、第二次世界大戦後は、このアメリカ流の用語、ディレクターが使われるようになった。映画界でも、ディレクター(映画監督)とプロデューサー(映画製作者)の職能は早くから分化した。

 日本の場合、このことばが日常のなかで定着し頻度高く使われているのは放送界である。第二次世界大戦後、日本の放送はアメリカの占領政策のもとに発展したため、ディレクターということばがきわめて自然に浸透し、ドラマに限らず、すべての番組で使われている。

[鳥山 拡]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ディレクター

〘名〙 (director)
① 演劇や映画などの監督、演出家。
※欧米印象記(1910)〈中村春雨〉大陸旅行日記「大使館の紹介状を持して、コメデー、フランス座に、デレクターを訪ふ」
② 楽団などの指揮者、楽長。
③ ラジオ・テレビの番組担当者、演出者。
※恋の泉(1962)〈中村真一郎〉「木戸さんみたいな凝り屋のディレクターないわ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android