ナウラ(英語表記)Nowra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナウラ
Nowra

オーストラリア,ニューサウスウェールズ州南東部,ウロンゴングの南 81kmにある都市。イラワラ地方,ショールヘーブン川下流域の酪農中心地。海浜観光地としても成長している。人口1万 9553 (1986) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ナウラ(Nawra)

オーストラリア、ニューサウスウェールズ州南東部の町。シドニーの南約160キロメートル、ショールヘブン川の南岸に位置する。1820年代に入植が始まり、酪農、製材・製紙業が盛ん。海岸保養地であり、同州南部の観光拠点として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android