ナチョ ドゥアト(英語表記)Nacho Duato

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
振付師,バレエダンサー レニングラード国立バレエ団芸術監督・首席振付師

国籍
スペイン

生年月日
1957年1月8日

出生地
バレンシア

本名
Duato Barcia,Juan Ignacio

専門
コンテンポラリー・バレエ

受賞
ブノワ賞(国際ダンス連盟)(振付部門最優秀賞)〔2000年〕,ケルン国際振付コンクール最優秀賞〔1983年〕

経歴
17歳の時ロンドンのランベール・スクールでプロフェッショナル・バレエの訓練を開始。ブリュッセルのムードラ・スクールでモーリス・ベジャールに出会うことでバレエの研究を広げ、ニューヨークのアルビン・エイリー・アメリカン・ダンス・センターで訓練を完了。1980年スウェーデンのクルベリ・バレエ団で初舞台。’81年イリ・キリアンのネーデルランド・ダンス・シアター(NDT)にダンサーとして加わり、’83年「ジャルディ・タンカート(閉ざされた庭)」を発表して以来、振付師として活躍。’88年同団の常任振付師。クルベリ、ベルリン・ドイツ・オペラ・バレエなど多くの舞踊団のために作品を作る。’90年からスペイン国立リリコ・バレエ団(現・スペイン国立ダンス・カンパニー)芸術監督。’97年初の全幕作品「ロメオとジュリエット」を振り付けた。2010年レニングラード国立バレエ団(ミハイロフスキー劇場バレエ)芸術監督・首席振付師に就任。他の代表作に「ドゥエンデ」「アレナル(砂の大地)」「ナ・フローレスタ(森の中)」「カミング・トゥギャザー」「アルカンジェロ」「翼」「バッハへのオマージュ」「ホワイト・ダークネス」「ウィズアウト・ワーズ」「いま汝われを逝かせたまえり」など。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android