コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナドー ナドー Nadeau, Maurice

2件 の用語解説(ナドーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナドー
ナドー
Nadeau, Maurice

[生]1911.5.21. パリ
フランスの批評家。主著『シュールレアリスムの歴史』 Histoire du surréalisme (1945) ,『ミシェル・レリスと円積法』 Michel Leiris et la Quadrature du cercle (63) ,『戦後のフランス小説』 Le Roman français depuis la guerre (64) ,『フローベール論』 Gustave Flaubert (69) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナドー
などー
Maurice Nadeau
(1911―2013)

フランスの編集者、批評家。第二次世界大戦後『コンバ』紙の文芸担当記者になり、1953年『レットル・ヌベール』誌創刊に参画し、1966年からは『ラ・カンゼーヌ・リテレール』誌編集長。批評家としては『シュルレアリスムの歴史』(1945~1948)で認められ、その後『サド発掘』(1948)で今日のサド再評価に寄与したほか、『今日の文学』(1952)、『戦後フランス小説』(1963)により同時代の文学の射程を考察した。その他の作品としては文学的自伝『彼らへの感謝』(1990)などがある。[西永良成]
『篠田浩一郎訳『現代フランス小説史』(1976・みすず書房) ▽稲田三吉・大沢寛三訳『シュールレアリスムの歴史』(1995・思潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナドーの関連キーワードイルドフランスエヌパリジャン三角数パリのジャンパリ大賞パリマラソンヘパラン硫酸Diaz de la Peña,N.ペリパリオ,N.

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナドーの関連情報