コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナビゲートDVD なびげーとDVD/なびげーとでぃーぶいでぃー navigate DVD

1件 の用語解説(ナビゲートDVDの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ナビゲートDVD

新作映画の公開前に本編宣伝用として作られた販売・レンタルDVD。ナビDVDともいう。1999年に広末涼子主演「秘密」の公開時に宣伝用として無料でレンタルビデオ店に置かれたのが始まりとされている。現在は大半が有料で、収録時間は30分〜1時間ほど、販売価格は2500〜4000円程度。本編のあらすじや登場人物の紹介、専門用語の解説、出演者や監督のコメント、撮影風景などが収められている。ただし、洋画の場合、諸権利の関係から日本独自に製作することは難しく、今のところ邦画と例外的に韓国映画だけに限られている。ナビ版が出たばかりの頃は、新作と間違われることもあったが、現在では映画ファンの間で認知され、「世界の中心で、愛をさけぶ」のように生産が追いつかないほど人気のナビ版も発売されている。

(宮本治雄 映画ライター / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲートDVDの関連キーワード特別編映画館新作土壁封切館国策映画新作物封切る本編公開前規制

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone