コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナミュールの城塞 ナミュールのじょうさい

1件 の用語解説(ナミュールの城塞の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ナミュールのじょうさい【ナミュールの城塞】

ベルギーの首都ブリュッセルの南東約60km、ナミュール州の都市ナミュールムーズ川サンブル川の合流点近く、町を見下ろす高台にある17世紀の城塞。◇現地では「シタデル」(La Citadelle、城塞)と呼ぶ。ナミュール駅近くのレオポルト広場からミニバスで20分、首都ブリュッセル中央駅からナミュールまで列車で約1時間かかる。フランク王国の最初の王朝メロヴィング朝(481~751年)の時代に城が築かれた。現在残っている城塞は17世紀に築かれたもので、オラニエ公ヴィレム1世(1533~1584年、オランダの事実上の初代君主)やフランスルイ14世(1638~1715年)が所有していたこともある。城内の見学も可能である。武器博物館地下道見学などを含む約2時間の見学コースも用意されている。城からは渓谷や町並みが一望できる。また、城塞の周囲は8haの広大な庭園になっていて、森林博物館や野外劇場があり、ミニトレインに乗って庭園をめぐることができる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナミュールの城塞の関連キーワードブリュッセルギャルリーサンチュベールグランサブロン広場ジュドバル広場ブリュッセル公園ルイーズ広場オメガングフラワーカーペットベルギーと言語

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone