コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナムヘ(南海)島 ナムヘとうNamhae-do

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナムヘ(南海)島
ナムヘとう
Namhae-do

韓国,キョンサンナム (慶尚南) 道南西部の島。面積 298km2。チャンソン (昌善) 島など多くの付属島とともにナムヘ郡を構成する。大部分が山地で,マンウン (望雲) 峰 (786m) ,ソンドゥン (松登) 山,クム (錦) 山などを含む。本土のサムチョンポ (三千浦) 市,ヨス (麗水) 市へは,ミジョ (弥助) 港,ナムヘ港から船便がある。 1973年6月本土と連結するナムヘ大橋 (660m) が開通した。ハルリョ (閑麗) 海上国立公園に属し,観光客が多い。ユズを特産する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ナムヘ(南海)島の関連キーワードキョンサンナム(慶尚南)道ハルリョ(閑麗)水道ヨス(麗水)市

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android