コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナムヘ(南海)島 ナムヘとうNamhae-do

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナムヘ(南海)島
ナムヘとう
Namhae-do

韓国,キョンサンナム (慶尚南) 道南西部の島。面積 298km2。チャンソン (昌善) 島など多くの付属島とともにナムヘ郡を構成する。大部分が山地で,マンウン (望雲) 峰 (786m) ,ソンドゥン (松登) 山,クム (錦) 山などを含む。本土のサムチョンポ (三千浦) 市,ヨス (麗水) 市へは,ミジョ (弥助) 港,ナムヘ港から船便がある。 1973年6月本土と連結するナムヘ大橋 (660m) が開通した。ハルリョ (閑麗) 海上国立公園に属し,観光客が多い。ユズを特産する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ナムヘ(南海)島の関連キーワードキョンサンナム(慶尚南)道ハルリョ(閑麗)水道ヨス(麗水)市

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android