コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閑麗 カンレイ

デジタル大辞泉の解説

かん‐れい【閑麗】

[名・形動]みやびやかでうるわしいこと。また、そのさま。
「又築造の尤も―なるものは」〈総生寛・西洋道中膝栗毛

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんれい【閑麗】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
みやびやかでうるわしい・こと(さま)。 「春朝の-なるが如し/世路日記 香水

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

閑麗の関連キーワードハルリョ(閑麗)水道国立公園キョンサンナム(慶尚南)道サムチョンポ(三千浦)市プサン(釜山)直轄市ウイチャン(義昌)郡ハンサン(閑山)島チュンム(忠武)市ナムヘ(南海)島ヨス(麗水)市ハルレスード在原業平慶尚南道大韓民国閑山島南海島三千浦麗水統営春朝晋州

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android