ナメタガレイ(読み)なめたがれい

日本大百科全書(ニッポニカ)「ナメタガレイ」の解説

ナメタガレイ
なめたがれい / 滑多鰈

硬骨魚綱カレイ目カレイ科に属するババガレイおよびヒレグロの別名。「ナメタガレイ」とは体表に粘液が多く、ぬるぬるしたカレイという意味の呼称。東北地方および東京地方ではババガレイをナメタガレイ、または単にナメタとよぶ。ナメタの名は北海道ではヒレグロのことである。

[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android