コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナルバ城 ナルバジョウ

デジタル大辞泉の解説

ナルバ‐じょう〔‐ジヤウ〕【ナルバ城】

Narva Hermanni linnus》エストニア北東部の都市ナルバにある城。ナルバ川に面し、対岸のロシア領にあるイワンゴロド城と相対する。13世紀にデンマーク人が造った要塞に起源し、14世紀半ばにリボニア騎士団が石造の城を建造した。第二次大戦のソ連軍による攻撃で大破したが、エストニア独立後に修復され、現在は歴史博物館になっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ナルバ城の関連キーワードナルバの戦大北方戦争

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android