コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナル文化 ナルぶんかNal culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナル文化
ナルぶんか
Nal culture

パキスタン,中央バルチスターンの金石併用時代の文化。 1925年に H.ハーグリーブスが調査したジャラワン地方ナル村に近い遺跡ソール・ダンプの二次葬の墓から出土した土器を指標とする。土器は淡黄色の地に黒などで文様を描いた多色彩文土器で,幾何学文,動植物文が縦線でパネル状に分割された文様帯に描かれる。銅器石斧などの石器類があるが石刃はない。アムリ,ヌンダーラの土器と関係が深く,ほぼインダス文明と並行する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナル文化の関連キーワードニンドワリ遺跡パキスタン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android