コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンガルハール州 ナンガルハールNangarhār

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナンガルハール〔州〕
ナンガルハール
Nangarhār

アフガニスタン東部の州。州都はジャラーラーバード。東はパキスタンと国境を接し,カイバー峠は長い間アフガニスタンとパキスタンとの通路であった。古くから地方種族の争いの場となり,またアレクサンドロス大帝,ムガル帝国バーブル,イギリス軍に侵入されたが,特にカイバー峠では多くの戦闘が行われた。灌漑農地における農業が盛んで,コムギ,米などの穀物,綿花,柑橘類,イチジク,バナナ,サトウキビなどを産する。農村改良事業によって,多くの農村に医療,農業,教育の援助が進められている。住民はおもにシンワーリー族,フーギャン族,モハマンド族,パタン族である。面積 7614km2。人口約 75万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ナンガルハール州の関連キーワードヌーリスターンカブール川

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android