ナンヨウブクリョウ(南洋茯苓)(読み)ナンヨウブクリョウ(英語表記)Lentinus tuberregium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナンヨウブクリョウ(南洋茯苓)
ナンヨウブクリョウ
Lentinus tuberregium

担子菌類マツタケ目シメジタケ科。ヤシ類などを主体とする森林地帯の腐植土上に生じる。開墾地の焼け跡などではこの菌の人頭大の固い菌核がみられる。各菌核より1~数個の子実体を生じる。その高さ 10~40cm。傘は径 10~20cmで漏斗形,のちに縁は裂ける。柄は太さ2~3cm,微毛を密生する。全体革質で黄褐色ないし暗褐色,胞子紋は白色。アフリカオーストラリア太平洋諸島 (ミクロネシアポナペ島など) に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android