コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太平洋諸島 たいへいようしょとうPacific Islands

翻訳|Pacific Islands

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太平洋諸島
たいへいようしょとう
Pacific Islands

オセアニアと呼ばれる範囲からオーストララジア(オーストラリアおよびニュージーランド)を除く太平洋の島々の総称。政治地理学的には,ハワイ諸島およびニューギニア島西半部(インドネシア領)を除いたいわゆる南太平洋諸国(太平洋諸島フォーラム加盟諸地域)とほぼ同じ範囲と考えられる。面積約 55万1000km2。16世紀に始まるヨーロッパ人との接触以来,疫病などによる人口の激減,キリスト教布教,19世紀後半にいたる欧米諸国による分割領有体制の完成を経て,2度の世界大戦における戦場,第2次世界大戦後の核実験場,軍事基地として,外部からの影響にさらされてきた。1962年の西サモア独立(1997サモアに改称)以来,ナウル(1968),フィジー(1970),トンガ(1970),パプアニューギニア(1975),ソロモン諸島(1978),ツバル(1978),キリバス(1979),バヌアツ(1980),マーシャル諸島(1986),ミクロネシア連邦(1986),パラオ(1994)が独立し,北マリアナ諸島クック諸島ニウエ島が内政自治に達しているなど,主としてイギリス連邦系諸地域の政治的進展が著しい。太平洋諸島は自然地理的に陸島と洋島,火山島とサンゴ島などさまざまな分類が可能であるが,住民の民族・文化的類型によってメラネシアポリネシアミクロネシアに分けることが一般に行なわれている。このうちメラネシアと,ポリネシアおよびミクロネシアとの対照が著しい。メラネシアは造山帯に属する大きな島々によって構成され,太平洋諸島全体の面積の 98%を占め,人口密度が低いにもかかわらず人口の規模が大きく,全体の 84%を占める。またフィジーを除くメラネシアは社会の階級分化が進行せず,小さな村落的平等的社会に分かれているのに対し,ほかの 2地域およびフィジーでは貴族的階層を含む社会組織が発達し,その規模も大きい。一般にメラネシアのほうが開発も遅れているとされるが,資源賦存(耕地,鉱産・林産資源など)の点では将来性は大きい。人口約 603万(1990)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

太平洋諸島の関連キーワードアメリカ=オセアニア考古学アメリカン航空[会社]コンロンカ(崑崙花)南太平洋非核地帯条約南太平洋フォーラム太平洋・島サミットアシヒダナメクジオーシャン[島]パンノキ(の実)熱帯フランベシア太平洋環境共同体ビーグル号航海記デンドロビウム田代薯・田代藷ポリネシア語派トキワススキケイラー頭骨カバ(植物)動物地理区アカリファ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太平洋諸島の関連情報