コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナーガールジュナコンダ遺跡 ナーガールジュナコンダいせきNāgārjunakonda

1件 の用語解説(ナーガールジュナコンダ遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナーガールジュナコンダ遺跡
ナーガールジュナコンダいせき
Nāgārjunakonda

インドのアーンドラ州のグントゥル地区にある仏教遺跡と,3世紀に栄えたイクシュバーク朝の首都ビジャヤプリーの遺跡とをいう。クリシュナ川中流右岸の台地にある。3世紀に属する多くの宮殿址,仏塔,寺院,僧院の遺跡があり,すぐれた仏教彫刻が残っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone