コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナーガールジュナコンダ遺跡 ナーガールジュナコンダいせきNāgārjunakonda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナーガールジュナコンダ遺跡
ナーガールジュナコンダいせき
Nāgārjunakonda

インドのアーンドラ州のグントゥル地区にある仏教遺跡と,3世紀に栄えたイクシュバーク朝の首都ビジャヤプリーの遺跡とをいう。クリシュナ川中流右岸の台地にある。3世紀に属する多くの宮殿址,仏塔,寺院,僧院の遺跡があり,すぐれた仏教彫刻が残っている。建造物にはめこまれた浮彫の仏伝図,仏塔図,あるいは柱に浮彫された守門神,如来立像などがあり,また,ほら貝に密教の三昧耶形 (さんまやぎょう) を陰刻したものが2点ある。なお仏像図の各場面の間にさまざまなミトゥナ像を配している。なおこれら仏教遺跡は,少し下流のアマラーバティー遺跡と同型式で,発掘された彫刻も似ている。 1926年に発見され,27年に発掘調査された。ナーガールジュナコンダとは「龍樹の山」の意。ダム建設により 54~60年に事前調査が行われ,旧石器時代,新石器時代鉄器時代の巨石墓なども調査されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android