ナーゲルコイル(英語表記)Nāgercoil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナーゲルコイル
Nāgercoil

インド南部,タミルナードゥ州南端部の都市。カニヤクマリ県の行政庁所在地。コモリン岬北西約 13kmに位置。かつてトラバンコール王国に属し,以後キリスト教の一中心地として発展。地名は「ヘビの寺」を意味し,ヒンドゥー教シバ派の聖地。豊かな農業地帯にあり,綿花,米などの大集散地。綿工業,精米,自動車部品ケララ州からのゴムを用いたゴム製品工業もある。人口 18万 9482 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android