コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケララ州 ケララKerala

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケララ〔州〕
ケララ
Kerala

インドの南西部に位置し,アラビア海に面する州。1956年発足。州都ティルバナンタプラム(旧称トリバンドラム)。西部のアラビア海と東部のウェスタンガーツ山脈との間に,南北約 550kmにわたって細長く連なる。人口密度はインド諸州のなかで最も高い。砂丘列の海岸の内側には多くの(ラグーン),これに続く沖積平野には水田とココヤシ園がある。南西の季節風により年間降水量は 2000mm以上と多い。古くから海上交通によりコショウや米が地中海地方に送られ,海岸地帯にはアラブ人の集落が形成され,ユダヤ教やキリスト教も布教された。14世紀前半に北西部海岸地方がデリー・サルタナット領となり,1498年のバスコ・ダ・ガマの到着以来,ポルトガルがコーチン,カリカット(現コジコーデ)を拠点に貿易を行ない,1640年頃からオランダが進出。1791年には各地にイギリス東インド会社が設立された。1949年トラバンコール=コーチン州が成立,1956年の州再編成で,マラヤーラム語(→ドラビダ語族)使用地域として今日の州域が確定した。識字率は高く,インドのキリスト教徒の 3分の1が居住。米,ココナッツ製品,コショウ,カシューナッツ,ゴム,チャ(茶)を産し,ココヤシ繊維の紡織や磁器製造が行なわれ,コーチンを中心に大規模な化学工業が発達。ベンバナード湖が港湾として利用され,外国船の入港も多い。面積 3万8863km2。人口 3184万1374(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ケララ州

インド南西端に位置し、人口は3184万人(01年)。古代から香辛料や象牙などインドの海上交易の要衝として栄え、13世紀にはマルコ・ポーロが、15世紀にはバスコ・ダ・ガマが来航した。近年は水郷地帯の観光や伝統療法のアユルベーダで観光客を集める。ヒンドゥー教徒(56%)が多数派だが、イスラム教徒(25%)、キリスト教徒(19%)の割合も他州に比べて高い。

(2009-03-03 朝日新聞 朝刊 アジア)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

ケララ州の関連キーワードE.M.S. ナンブーディリーパッドパドマナーバスワーミ寺院トラバンコール・コーチンマッタンチェリー宮殿パラデシシナゴーグプーテンマリガ宮殿A.K. ゴーシュカラリーパヤットマッターンチェリサンタクルス聖堂マッタンチェリー聖フランシス教会オタン・トゥラルサザンガーツ山脈エルナークラムウィリンドン島クディヤッタムナーゲルコイルモヒニアッタムゴーパル ベヌ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケララ州の関連情報