コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナーディル・シャー Nādir Shāh

世界大百科事典 第2版の解説

ナーディル・シャー【Nādir Shāh】

1688‐1747
イランアフシャール朝の始祖。在位1736‐47年。トルコ系アフシャール族の出身。アフガン族,オスマン・トルコ軍をイランから駆逐し,勇名をはせる。即位後外征を繰り返し,1739年のインド遠征ではデリーを占領,国威を発揚した。しかし,その後ダゲスタンで敗北,対オスマン・トルコ戦も順調に進まず,国内では重税にあえぐ民衆,中央集権策を嫌う封建諸侯の反乱が続発,部下の手で暗殺された。【羽田 亨一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ナーディル・シャーの関連キーワードアフマド・シャー・ドゥッラーニーアフマッド・シャー・ドゥラーニーアフマド・シャー・ドゥッラーニーモハメッド ザヒル・シャーカリーム・ハーン・ザンドアスタラーバーディーバンダル・アッバースナーディル・シャーシャーセバーン族アフガニスタン史カリーム・ハーンカリーム・ハーンイスファハーンブハラ・ハン国アフガニスタンドゥラーニー朝バーラクザイ朝10月22日カンダハールブーシェフル

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android