コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽田 はねだ

6件 の用語解説(羽田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羽田
はねだ

東京都大田区南東端,多摩川河口左岸にある地区。江戸時代は幕府の直轄地で,三角州 (羽田州) には天保年間 (1830~44) 幕府の砲台が置かれた。大森-羽田海岸はかつてはノリ,貝の養殖地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はねだ【羽田】

東京都大田区の地名。多摩川河口の北岸に位置し、東京湾岸の埋立地に東京国際空港がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

羽田【はねだ】

東京都大田区南部,多摩川河口左岸の工業地区。古くは漁村で,沿岸漁業,ノリ,貝の養殖が盛んだったが,埋立地の拡張,水質汚染のため消滅。東京国際空港があり,空港ぎわに穴守稲荷がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕羽田(はねだ)


東京都大田区南東端、多摩川の三角州上にある地区。
近年まで漁業が盛んな地域で、羽田空港東京国際空港)がある。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

羽田
はねだ

東京都大田区南東端にある地区。南は多摩(たま)川、東は東京湾で多摩川河口の三角州と埋立地(空港)からなる。古くは扇状地の形から扇ヶ浜(おおぎがはま)ともよばれたが、羽田の地名もそれに関係すると考えられる。漁村として発達、江戸時代はのりの産地として知られたが、1931年(昭和6)飛行場が開かれ、1952年(昭和27)東京国際空港となってから全国に知られるようになった。穴守稲荷(あなもりいなり)神社は江戸時代、商売繁盛の神として信仰を集め、もとは空港内にあったが、1948年、現在地(羽田5丁目)に移され、空港の駐車場に鳥居だけが残されていた。その鳥居も、1999年(平成11)空港の沖合い展開拡張工事に伴い、約800メートル離れた空港内南西部弁天橋近くの空地に移転した。京浜急行電鉄空港線(京急蒲田(かまた)―羽田空港国内線ターミナル)、東京モノレールが通る。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

羽田の関連情報