コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナーナー・サーヒブ Nānā Sāhib

世界大百科事典 第2版の解説

ナーナー・サーヒブ【Nānā Sāhib】

1824ころ‐60ころ
インド,マラーター王国末期の将。王国最後のペーシュワー(宰相)であったバージー・ラーオ2世の養子。1853年の養父の死後,ペーシュワーの称をインド総督ダルフージーに拒絶される。57年のインド大反乱(セポイの反乱)勃発に際しては,反乱軍と行動をともにする。必ずしも優れた武将ではないが,反乱軍の一つの象徴としての役割を担った。反乱が鎮圧されたのちネパールに逃れたとされるが,その最後の様相は未詳である。ターンティア・トーピー【内藤 雅雄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ナーナー・サーヒブの関連キーワードインドの大反乱カーンプル

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android