コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペーシュワー ペーシュワーpeshwā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペーシュワー
peshwā

ペルシア語で先導者,指導者の意。インド史においては,シバージーを創始者とするマラータ王国の宰相がペーシュワーと呼ばれたことで有名。 18世紀初めより約1世紀間,マラータのペーシュワーは実際上,すべての政治権力を掌握し,その地位は世襲された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペーシュワー【Peshwā】

インドのマラーター王国の宰相のこと。元来王国創建者シバージーの8大臣中の一つの官職名であった。王国第5代王シャーフー(在位1708‐49)のとき,弱体化した王に代わってペーシュワーのビシュワナートが実権を握る。続く2代目のバージー・ラーオ1世(在職1720‐40)がプネー(プーナ)にペーシュワー政権を樹立し,ここに新しい体制が始まった。ペーシュワーはマラーター同盟の頂点に君臨したが,その実権も第4代マーダバ・ラーオ(在職1761‐72)の死後弱くなり,加えてマラーター諸侯間の対立も激化してイギリスの進出を許すことになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ペーシュワーの関連キーワードバーラージー・バージー・ラーオバーラージー・ビシュワナートナーナー・ファドナビースバージー・ラーオ(1世)バージー・ラーオ(2世)ターンティア・トーピーバージー・ラーオ1世タンティア・トーピーバージー・ラーオ2世ナーナー・サーヘブエルフィンストーンナーナー・サーヒブマラーター戦争ガーイクワールホールカル家マラータ同盟マラータ戦争ボンスレー家インドールペルシア語

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android