ペーシュワー(英語表記)peshwā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペーシュワー
peshwā

ペルシア語で先導者,指導者の意。インド史においては,シバージーを創始者とするマラータ王国の宰相がペーシュワーと呼ばれたことで有名。 18世紀初めより約1世紀間,マラータのペーシュワーは実際上,すべての政治権力を掌握し,その地位は世襲された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペーシュワー【Peshwā】

インドのマラーター王国の宰相のこと。元来王国創建者シバージーの8大臣中の一つの官職名であった。王国第5代王シャーフー(在位1708‐49)のとき,弱体化した王に代わってペーシュワーのビシュワナートが実権を握る。続く2代目のバージー・ラーオ1世(在職1720‐40)がプネー(プーナ)にペーシュワー政権を樹立し,ここに新しい体制が始まった。ペーシュワーはマラーター同盟の頂点に君臨したが,その実権も第4代マーダバ・ラーオ(在職1761‐72)の死後弱くなり,加えてマラーター諸侯間の対立も激化してイギリスの進出を許すことになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android