ナーベラー

デジタル大辞泉プラスの解説

ナーベラー

ヘチマの沖縄名。沖縄県の伝統的農産物(島野菜)のひとつ。水分が多く甘みがあり、当地では熟する前の実を味噌煮にするなど、食用にすることが多い。ナーベラーは主に沖縄本島での呼称で、地域により「ナビャーラ」「ナベーラ」などともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナーベラーの関連情報