コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコラオス・ミスチコス Nikolaos Mystikos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニコラオス・ミスチコス
Nikolaos Mystikos

10世紀頃在世したコンスタンチノープル総主教 (在職 901~907,912~925) 。レオ6世の秘書官をつとめ,時の碩学フォチオスに師事した。総主教座についてからは皇帝アレクサンデルの死後,その皇妃ゾエと共同して,7歳のコンスタンチヌス7世のために摂政職に就任。ブルガリアのシメオン王との和平交渉にあたるなど政局を左右した。その書簡集は時代の証言としてきわめて重要。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ニコラオス・ミスチコスの関連キーワードコンスタンチヌス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android