コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォチオス Photios

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォチオス
Photios

[生]820頃.コンスタンチノープル
[没]891.2.6.
コンスタンチノープルの総主教。ギリシア正教会の伝統の擁護者で,9世紀のビザンチン・ルネサンスの指導者。帝室アカデミーの哲学教授であったが,政変による総主教イグナチオスの失脚後,858年総主教に選ばれた。 863年破門されたが,877年再び総主教となり,886年にレオ6世の教唆により退任。ブルガリア,モラビア,ロシアに対するビザンチンの宗教的影響を拡張した。主著『文献目録』 Bibliothecaは『万巻抄』 Myriobiblionとも呼ばれ,みずからの読破した 280の著作の批判的抄録で,これにより,今は失われた古代の著述家の面影を偲ぶことができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フォチオスの関連キーワードコンスタンチノープル公会議ステファヌス5世(6世)ニコラオス・ミスチコスアナスタシウスビザンチン哲学ニコラウス1世バシリウス1世ミカエル3世マケドニア朝マリヌス1世イグナチウスヨハネス8世エパナゴゲゼロタイ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android