コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニシン油(鰊油) にしんゆ herring oil

1件 の用語解説(ニシン油(鰊油)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にしんゆ【ニシン油(鰊油) herring oil】

ニシンから煮取法で採取される油。イワシ油などとともにかつては日本産魚油の大部分を占めたが,現在の採油量はきわめて少ない。北海道が主産地である。成分,用途ともイワシ油に近似する。比重d15=0.9161~0.9212,屈折率nD20=1.4720~1.4740,ケン化価185~190,ヨウ素価99~120で,高級不飽和脂肪酸が多く,不快臭がある。おもに硬化油としてマーガリンなどにされる。【内田 安三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニシン油(鰊油)の関連キーワードひまし油鰯酸鰯の頭も信心から魚灯油煮取りイワシ油カラシ油ニシン油ヤシ油砂利採取法

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone