コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニシン油(鰊油) にしんゆherring oil

世界大百科事典 第2版の解説

にしんゆ【ニシン油(鰊油) herring oil】

ニシンから煮取法で採取される油。イワシ油などとともにかつては日本産魚油の大部分を占めたが,現在の採油量はきわめて少ない。北海道が主産地である。成分,用途ともイワシ油に近似する。比重d15=0.9161~0.9212,屈折率nD20=1.4720~1.4740,ケン化価185~190,ヨウ素価99~120で,高級不飽和脂肪酸が多く,不快臭がある。おもに硬化油としてマーガリンなどにされる。【内田 安三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android