コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硬化油 こうかゆ hardened oil

7件 の用語解説(硬化油の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硬化油
こうかゆ
hardened oil

加工油脂の一種。魚油,鯨油,菜種油,大豆油などに水素を付加反応させて得られる白色固形の脂肪。液体の原料油に水素を添加すると,不飽和脂肪酸飽和脂肪酸となり,その脂肪油の融点が上昇し固体になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうか‐ゆ〔カウクワ‐〕【硬化油】

魚油・植物油などの不飽和脂肪酸を多く含む液状油に水素を添加し固体状の脂肪にしたもの。マーガリン・石鹸(せっけん)などの原料。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

硬化油【こうかゆ】

魚油鯨油,大豆油,綿実油などのようにオレイン酸リノール酸リノレン酸などの不飽和脂肪酸を含む油は酸敗して悪臭を発するが,水素化して飽和脂肪酸に変えると,脱臭され,無臭の固形脂肪になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

硬化油

 水素添加油脂ともいう.二重結合が多く融点の低い魚油や植物油の多価不飽和脂肪酸の二重結合の一部を還元して融点を上昇させた油.酸化されにくくなり,適度な硬さがでるので,マーガリンやショートニングなどに使われる.還元過程で二重結合の移動やシス-トランス異性化が起こり,トランス脂肪酸が生成する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうかゆ【硬化油 hardened oil】

不飽和脂肪酸を多く含む油脂に水素を化合させて飽和脂肪酸とすることにより,改質を加えた油脂。ダイズ油ナタネ油,魚油,鯨油等の乾性油,半乾性油は,その成分にオレイン酸リノール酸リノレン酸などの不飽和脂肪酸を多く含み,常温では液体であるが,水素添加することにより,飽和脂肪酸とイソオレイン酸のグリセリド主成分とする固体の脂肪とすることができる。硬化油の製造は,脂肪油に比べて生産量が比較的少ない脂肪の硬化を目的として行われたが,一方,魚油,鯨油の場合には,その成分の不飽和脂肪酸および含有不飽和化合物が悪臭,変質の原因となるため,これを水素添加して飽和化合物とし,無臭で安定な利用価値の大きなものにするという目的もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうかゆ【硬化油】

魚油や植物油などの液状の油脂に水素を添加し、その中の不飽和脂肪酸を飽和脂肪酸に変えて固化させたもの。悪臭のあるものも無臭となり、また、空気中で酸化されにくくなる。マーガリン・石鹼などの製造原料にする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硬化油
こうかゆ
hardened oil

魚油、大豆油、菜種油などの脂肪油に水素添加した白色固体脂肪である。パーム油、牛脂など脂肪を原料とするものもある。部分的に水素添加することも多く、これを半硬化油という。原料油は成分脂肪酸としてオレイン酸、リノール酸、リノレン酸、高度不飽和脂肪酸などの不飽和脂肪酸を含むが、水素添加油は不飽和脂肪酸に水素が添加して不飽和脂肪酸が減少し、ついには飽和脂肪酸となり、固体脂肪となりうる。水素添加途中で不飽和脂肪酸は多数の異性体を生成する。色調はよくなり、臭気は減少し、ヨウ素価、屈折率は低くなり、融点は上昇し安定になる。工業的に水素添加するには、原料油を反応器中に入れてから、加熱し、水分および空気を除去し、ニッケル触媒を加え、攪拌(かくはん)し、水素を導入加圧する。反応器下部にたまる油を反応器頂部から細雨状に入れることを繰り返して反応させる。硬化油の反応条件は通常4気圧、180℃である。原料油中の特定の不飽和部分(たとえば二重結合二つ以上を有する部分)を選択的に水素添加することを選択的水素添加という。この際1.5~3気圧、175℃が適当である。この反応条件設定は複雑であり、通常、水素添加は回分法で行われる。連続法もある。硬化油の用途は、マーガリン、食用油、せっけん原料、脂肪酸およびグリセリン製造原料である。[福住一雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の硬化油の言及

【魚油】より

…魚油を利用する一つの方法として,工業的にはこれら不飽和脂肪酸を水素添加する。この工程を硬化といい,その製品を硬化油という。硬化には通常,金属ニッケル触媒を用いる。…

※「硬化油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

硬化油の関連キーワード乾性油脂肪油不飽和脂肪酸キャノーラ油カプリル酸高度不飽和長鎖脂肪酸多価不飽和脂肪酸トランス不飽和脂肪酸モノ不飽和脂肪酸油脂の水素添加

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

硬化油の関連情報