コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニネベ遺跡 ニネベいせきNineveh

翻訳|Nineveh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニネベ遺跡
ニネベいせき
Nineveh

イラク北部,クユンジクにあるアッシリア帝国の遺跡。チグリス川をはさんでアルマウシルと相対している。 1842~55年フランスの探検隊が調査し,45~1932年イギリスの A.レイヤード,L.キング,C.トンプソンらが発掘を行なった。クユンジク丘は城壁と城門で防御され,センナケリブの南西宮殿,アッシュールバニパルの北宮殿,その南にイシュタル神殿とナブ神殿が建てられていた。宮殿の壁面には王の治績を示す浮彫や楔形文字が刻まれており,『瀕死のライオン』などの代表的な浮彫は,現在イギリスの大英博物館に所蔵されている。またアッシュールバニパルの図書館からは洪水伝説などを記す数万枚の粘土板が発見された。ニネベは前 612年,メディアと新バビロニア連合軍に攻略され,破壊された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ニネベ遺跡の関連キーワードイラク博物館ウルク期ボッタ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android