コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューズ・クロニクル にゅーずくろにくるNews Chronicle

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニューズ・クロニクル
にゅーずくろにくる
News Chronicle

1960年までイギリスで発行されていた朝刊全国紙。1846年、ディケンズを編集長とし、進歩と改革を旗印として創刊された『デーリー・ニューズ』は、68年、一ペニーに値下げされ、プロイセン・フランス戦争(1870~71)の報道によって有名となった。一方、ロンドンの小週刊紙を製紙業者エドワード・ロイドが買収して1877年に日刊とした『デーリー・クロニクル』は、左派に理解を示す独立の新聞として一時はかなり読者を集めたが、1930年、両紙は合併して『ニューズ・クロニクル』となった。60年、100万部以上の部数をもちながら、経営の悪化に耐えきれず、『デーリー・メール』に合併された。[伊藤慎一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ニューズ・クロニクルの関連キーワードリンド(Robert Wilson Lynd)R.W. リンドデーリーメールケストラーリンド

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android