ニュー・ケベック・クレーター

デジタル大辞泉プラスの解説

ニュー・ケベック・クレーター

《New Quebec Crater》カナダ、ケベック州北部のアンカヴァ半島に位置する隕石の衝突起源のクレーター。直径約3.5km。「クブ・クレーター」と呼ばれた時期もある。イヌイット語では「ピングアルイト」。中央部には水深約270mの淡水湖(ピングアルク湖)が形成されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android