コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニンリル Ninlil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニンリル
Ninlil

バビロニアの創造神話の女神。風の神エンリルがベルの名でニップールを支配していたときの妻。のちにニンリルはニンフルサグ (山の奥方) の名で尊敬されたが,これは彼女が夫とともに「東の山」に住んでいたからである。ベリト (奥方) とか「神々の母」などと呼ばれたが,バビロニアの神界では絶対権をもたなかった。彼女はヌンビルドゥー川で舟を漕いでいたときにエンリルに強奪されるが,そのために黄泉の国に追放されたエンリルについていく。彼らの間に生れた子ナンナは黄泉の国の月神となるが,エンリルは黄泉の国の3人の悪霊を身代りにすることによってナンナを天にのぼらせることができたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニンリルの関連キーワードシン