コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌアズ Nuadu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヌアズ
Nuadu

ケルトの神。アイルランドの神話に神族ツアサ・デ・ダナンの最初の王として登場する。無敵の神剣を持ち,神々を率いてアイルランドに来寇し,フィル・ボルグらの先住民族たちをマグ・ツレドにおいて撃破したが,この戦闘の最中に負傷して右腕を失ったために,王位をいったんブレスに譲らなければならなかった。その後,医術の神ジアン・ケヒトに銀の腕を取りつけてもらったヌアズは再び王となるが,彼の宮廷にやってきた万能の神ルグに譲位し,このルグを王としてツアサ・デ・ダナンがフォモレを相手に戦った,第2次のマグ・ツレドの戦いで戦死をとげたとされる。アーサー王伝説に登場する聖杯グラールの城の身体に障害のある城主は,このヌアズの変化したものとする見方が専門家の間で有力である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヌアズの関連キーワードケルト神話

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android