ヌクレオシダーゼ(英語表記)nucleosidase

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

糖と塩基の結合物であるヌクレオシドを,両成分に加水分解する酵素。塩基に対する特異性の異なる各種のヌクレオシダーゼがあり,特異性に従って,プリンヌクレオシダーゼ,ウリジンヌクレオシダーゼ (塩基がそれぞれプリン類およびウリジンであるものにのみ作用) などと呼ばれる。各種生物に広く分布する。糖がデオキシ型であるデオキシリボヌクレオシドには,一般に作用しない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

 [EC 3.2.2]に分類される酵素群.ヌクレオシドのN-グリコシド結合を加水分解する反応を触媒する酵素.魚肉,植物,酵母などにある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android