コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌシャテル Neuchâtel

1件 の用語解説(ヌシャテルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヌシャテル【Neuchâtel】

スイス連邦を構成するカントン(州),およびその州都名。ドイツ語ではノイエンブルクNeuenburg。都市の人口は3万2000(1996)。12世紀末に南ドイツツェーリンゲン家によって建設され,独仏両国に接する西スイスに位置し,領主さだめがたい転変の歴史を繰り返した。1707年以降はナポレオン体制下の一時期(1805‐14)を除いてプロイセン国王の領地となった。プロイセン国王を君主に仰ぐ公国のまま,1814年スイス連邦に加入したが,プロイセン国家から政治的に自立した立場をとることをスイス側から要請された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヌシャテルの関連キーワードアブダビシャルジャフジャイララスアルハイマ共和国ロシア連邦アジュマンウンムアルカイワイン細胞骨格タンパク質連邦準備銀行(Federal Reserve Banks)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone