コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌワイリー al‐Nuwayrī

世界大百科事典 第2版の解説

ヌワイリー【al‐Nuwayrī】

1279‐1332
マムルーク朝時代の三大百科事典家の一人で,ウマリーカルカシャンディーと並ぶ。上エジプトのクースに生まれ,古典の写本作成で学資を得ながら伝承学や歴史学を修めた後,スルタンナーシルの宮廷に仕えトリポリの軍務庁をはじめとする諸官庁の長官職を歴任した。主著は官吏のための知識を集成した31巻の大著《窮極の目的Nihāya al‐Arab》。晩年の二十数年を費やして執筆され,地誌,人間,動物,植物,歴史の5部から成る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヌワイリーの言及

【百科事典】より

…また,マムルーク朝の文書行政にたずさわる書記(カーティブ)のなかから,さらに体系的な形で〈知の総合〉を行う者が現れた。その代表が,エジプトの三大百科事典家といわれるヌワイリーウマリーカルカシャンディーである。 マムルーク朝のスルタン,ナーシル(在位1293‐94,1299‐1309,1310‐41)の下で軍務庁や監査庁の長官を歴任したヌワイリーは,晩年の二十数年を費やして書記のための知識を総合した《窮極の目的Nihāya al‐arab》31巻を完成した。…

※「ヌワイリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ヌワイリーの関連キーワード熱原法難宋代美術宋(中国の王朝(960~1279))宋銭花山院師賢日野資朝正慶日野資朝十六夜日記

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android