コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝承学 でんしょうがく`ilm al-Ḥadīth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伝承学
でんしょうがく
`ilm al-Ḥadīth

イスラムの預言者ムハンマドの言行に関する伝承 (→ハディース ) についての学問。イスラム法学,神学における種々の問題を考える場合,まず預言者がそのような問題についていかなる見解を有していたか知っておく必要性があったので,預言者の多くの言行 (→スンナ ) に関する伝承が収集され,書物として編まれた。そのうち基礎的なものが六大伝承集である。すなわちブハーリー,ムスリム,アブー・ダーウードティルミズィーイブン・マージャナサーイーの6人の伝承収集家が,各自吟味のうえ編纂した6つの伝承集である。しかし収集された伝承のおのおのが,真正のものか偽作であるかという問題が常につきまとっているため,その伝承の伝達過程を研究し,真偽について議論することも盛んに行われた。このように伝承を収集し,その真偽を研究することを伝承学という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

伝承学の関連キーワードジョン・ロナルド・リュール トールキンハティーブ・アルバグダーディーイブン・アルファラディーイブン・アルクーティーヤアフマドイブンハンバルシャリーフ・アッラジーイブン・アルフラートイブン・ファキーフイブン・バーブーヤイブン・イスハークアズハル・モスクイブン・ハンバルアブー・ユースフ中東史(年表)イブン・サードイブン・サードサムアーニーマジュリシーサハーウィーヘブライ文字

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android