ヌンクン山群(読み)ヌンクンサングン

デジタル大辞泉の解説

ヌンクン‐さんぐん【ヌンクン山群】

Nun Kun》インド北部、ジャンムカシミール州にある山。ヒマラヤ山脈西部の高峰であり、ヌン山標高7135メートル)とクン山(標高7077メートル)からなるヌンクン山群を構成する。1913年、イタリアのピアチェンツァがクン山に初登頂し、1953年にはフランスのコーガンとスイスのピトーがヌン山の初登頂に成功した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android