コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌープ硬さ ヌープカタサ

デジタル大辞泉の解説

ヌープ‐かたさ【ヌープ硬さ】

工業材料をはじめとする物質の硬さ(硬度)の示し方の一。押し込み硬さの一種で、対角線長が異なるひし形をした四角錐(頂角172.5度と130度、対角線長比1:7.11)のダイヤモンドを試料表面に押し込み、ビッカース硬さと同様に、できたくぼみの表面積でその荷重を除した値で表す。単位はHK。1939年、米国のウィルソン社により考案された。ヌープ硬度

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ヌープ硬さの関連キーワード炭化ケイ素(データノート)炭化ケイ素(炭化珪素)炭化ホウ素(炭化硼素)超硬質セラミックス金属の硬さビッカース押込み硬さ微小硬さ

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android