押込み硬さ(読み)オシコミカタサ

デジタル大辞泉「押込み硬さ」の解説

おしこみ‐かたさ【押(し)込み硬さ】

工業材料をはじめとする物質硬さ硬度)を測定する硬さ試験一種試験材料に物体を押し込み、そのくぼみの深さや面積、またはある一定の深さのくぼみができる時の荷重などを測定し、硬さを数値化して算出する。代表的な硬さの示し方として、ブリネル硬さビッカース硬さヌープ硬さロックウェル硬さがある。押し込み硬度。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android