コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネオ・アコースティック[neo acoustic] ネオアコースティック

1件 の用語解説(ネオ・アコースティック[neo acoustic]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

ネオ・アコースティック[neo acoustic]

'80年代の前半にイギリスで起こった、従来のエレクトロ・サウンドに対して、生楽器中心の音楽スタイル。アズテック・カメラ、モノクロームセットを筆頭に、オレンジジュース、パステルズ、ペイル・ファウンテンズ、ヤングマーブルジャイアンツ、ブルーベルズなど数多くのバンドが、リリカルで瑞々しい感性をもつ詞をアコースティックやセミ・アコの響きを生かしたシンプルで美しいメロディにのせて歌った。現在もこのネオアコ系サウンドの系譜は受け継がれている。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネオ・アコースティック[neo acoustic]の関連キーワードイギリス経験論イギリス東インド会社イギリス連邦イギリス国教会いいぎりイギリスオランダ戦争イギリスビルマ戦争イギリス巻ヘンリーロイヤルレガッタイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone