コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネクラソフの理論 Nekrassov's theory

1件 の用語解説(ネクラソフの理論の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ネクラソフの理論【Nekrassov's theory】

毒物,特に毒ガスについてネクラソフ(V. Nekrasov)が1929年に提案した仮説.毒作用を有する物質にはその中に発毒団(toxophore)を有し,さらにその作用を強める助毒団(auxotox)の存在も必要である.これはWittの発色団と助色団の考えに類似しているともいえる.発毒団としてはカルボニル基ニトロ基イソニトリル基,アルセノ基など,助毒団にはハロゲンアミノ基ベンジル基フェニル基などが挙げられる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネクラソフの理論の関連キーワードガス中毒毒ガスネクラーソフ瓦斯防毒マスクガス弾浄水毒物等混入罪DMガスクラウト‐ケネディの式チチハル市での毒ガス事故

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone