コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネコノシタ(猫の舌) ネコノシタWedelia prostrata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネコノシタ(猫の舌)
ネコノシタ
Wedelia prostrata

キク科多年草ハマグルマともいう。関東および北陸地方以西の暖かい海岸の砂地に生える。茎は長く地をはい,葉を対生する。葉は厚く長楕円形または卵形で,長さ 1.5~4.5cm,幅4~14cm,縁にあらい鋸歯がある。葉の表面には短い剛毛があり,触れると猫の舌のようにざらつく。これが和名の由来である。7~10月,斜上した茎の先に径 16~22mmの頭状花を1個つける。舌状花花冠は黄色で,水平に開く。総包は半球形で,各裂片には剛毛が生える。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android