コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネットサーフィン(読み)ねっとさーふぃん

デジタル大辞泉の解説

ネット‐サーフィン(Net-surfing)

インターネット上のウェブサイトを検索したり、リンクをたどったりして、次々と閲覧して回ること。仕事で情報を検索することのほか、趣味であてもなく世界中のウェブサイトを見て回ることにもいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ネットサーフィン

インターネットのWWWを利用して世界中のWWWサーバーに次々と移動して飛び回ること。ちょうど波乗りのようにネットを渡り歩くのでこの名がついた。ウェブブラウザと呼ぶ閲覧ソフトを用いれば,マウスで選択するだけでリンクするサーバーのページを表示できるため,情報のありかを意識することなしに世界中のホームページにアクセスできる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ネットサーフィン【netsurfing】

インターネットで興味の赴くままに情報を検索すること。次々にウェブ-サイトを見て回るのを波乗りにたとえていう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ネットサーフィンの関連情報