コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閲覧 エツラン

デジタル大辞泉の解説

えつ‐らん【閲覧】

[名](スル)書物・新聞・書類・ウェブページなどの内容を調べながら読むこと。「選挙人名簿を閲覧する」「サイト閲覧者」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えつらん【閲覧】

( 名 ) スル
書物や書類などを調べたり読んだりすること。閲読。 「 -する者の心得」 「 -室」 「 -者」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

閲覧

図書館内での図書館資料の利用のこと.利用者の図書館資料へのアクセスおよび特定された資料の館内利用の両方を含む.図書館資料へのアクセスとは,利用者がどのように図書館資料に接するかという問題であり,閉架式,開架式などの方式がある.また,館内での資料利用とは,いわゆる閲覧空間の問題であり,利用する資料や利用目的に応じた施設設備が必要とされる.視聴覚資料や電子形態資料など資料の多様化に伴い図書館が用意しなければならない閲覧環境も多様化してきている.日本の公共図書館においては,1970年代に貸出を中心に図書館サービスが伸張する中で,館内利用のための環境はあまり重視されずにきたが,図書館の大規模化やレファレンスサービスの充実に伴い,館内利用環境も整備されてきている.なお,大学図書館では,貸出も含めた資料の利用全体を閲覧と呼ぶことがある.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

閲覧の関連キーワードオーディエンスターゲティング広告インターネットエクスプローラーデジタルミュージアムシステムビュースルーコンバージョンページビュー保証型広告フィルタリングソフトページビュー(PV)住民基本台帳閲覧制度アクセスカウンターエンゲージメント率ブラウジングルームユニークユーザーウェブブラウザーリアルタイム入札イージーwebグーグルアースiブックストアWebビーコン電子ジャーナルリワード広告

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

閲覧の関連情報