ネトラウ(英語表記)Max Nettlau

世界大百科事典 第2版「ネトラウ」の解説

ネトラウ【Max Nettlau】

1865‐1950
オーストリア生れの歴史家。〈アナーキズムヘロドトス〉と呼ばれた。初めロンドンでケルト語文法を研究,社会主義者連盟に参加。1890年以降アナーキズムの歴史叙述に着手,《バクーニン伝》3巻(1896‐1900),《マラテスタ伝》(1921),《アナーキズムの歴史》3巻(1925‐31)を執筆した。第1次大戦後ウィーンに住み,サンディカリスム系のドイツ自由労働者同盟で活動。1933年亡命,アムステルダムの国際社会史研究所で仕事をつづけた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android