コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネトラウ Max Nettlau

世界大百科事典 第2版の解説

ネトラウ【Max Nettlau】

1865‐1950
オーストリア生れの歴史家。〈アナーキズムヘロドトス〉と呼ばれた。初めロンドンでケルト語文法を研究,社会主義者連盟に参加。1890年以降アナーキズムの歴史叙述に着手,《バクーニン伝》3巻(1896‐1900),《マラテスタ伝》(1921),《アナーキズムの歴史》3巻(1925‐31)を執筆した。第1次大戦後ウィーンに住み,サンディカリスム系のドイツ自由労働者同盟で活動。1933年亡命,アムステルダムの国際社会史研究所で仕事をつづけた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ネトラウの関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎アフリカン・アメリカン音楽ロック(ポピュラー音楽)大庭秀雄黒澤明電気機械器具工業成瀬巳喜男マキノ雅広森一生