コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸田 へだ

8件 の用語解説(戸田の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

戸田
へだ

静岡県東部,沼津市南部の旧村域。伊豆半島の北西岸にある。 1889年村制。 2005年沼津市に編入。中心集落の戸田は天然の良港に恵まれ,遠洋漁業沿岸漁業の基地。背後の山地ではミカンが栽培される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とだ【戸田】[地名]

埼玉県南東部の市。荒川北岸にあり、江戸時代には中山(なかせん)道渡船場があった。戸田漕艇場がある。人口12.3万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こでん【戸田】

家屋と田地。
律令制で、郷戸の耕作田地。

とだ【戸田】

埼玉県南部、荒川中流域北岸の市。近世、中山道の渡しが置かれた。住宅地・工場地化が進む。

とだ【戸田】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸田
へだ

静岡県田方(たがた)郡にあった旧村名(戸田村(むら))。現在は沼津市南端を占める地域。旧戸田村は2005年(平成17)沼津市に編入。伊豆半島西海岸の北部に位置する。東・南・北の三方を達磨(だるま)山系に囲まれ、西は戸田港として駿河(するが)湾に開かれている。天然の良港を擁してマグロ、カツオの遠洋漁業、アジ、サバなどの巻網漁業が盛ん。タカアシガニ漁はよく知られている。ミカン栽培も行われる。観光開発に力を入れ、国民宿舎伊豆戸田荘があるほか民宿が多く、御浜岬には海水浴場がある。1854年(安政1)の大地震でロシア使節プチャーチンを乗せて戸田沖で沈没したディアナ号の記念碑(県史跡)がある。プチャーチンは自国軍艦の代艦を戸田港で新造し、これがわが国に洋式造船技術をもたらす端緒となった。そのときの記録や技術資料を展示した造船郷土資料博物館がある。古くから陸の孤島で、交通は船に頼っていたが、現在、主要地方道沼津土肥(とい)線、修善寺(しゅぜんじ)戸田線が通じる。[川崎文昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戸田の関連キーワード伊豆半島ジオパーク伊豆長岡〈町〉静岡県沼津市井田静岡県沼津市内浦長浜大仁〈町〉静岡県沼津市下香貫静岡県沼津市原戸田〈村〉静岡県沼津市本静岡県沼津市南本郷町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戸田の関連情報