コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネルビズム nervism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネルビズム
nervism

意識的,無意識的脳活動を反射に帰し,あらゆる心理作用を生理的に解釈しようと試みた唯物論生理学。ソ連の研究者だった I.M.セーチェノフ,および I.P.パブロフは「生命活動のあらゆる過程において,神経系の役割を強調する生理学,医学上の立場をネルビズムと呼ぶ」ことを提唱した。イギリスの電気生理学,フランスの神経生理学も,唯物論医学には全面的な賛意は示していないが,生理面からみた生命現象という立場から,ネルビズムの思想を取入れている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ネルビズムの関連キーワード神経学

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android